Total Work Out Gym


HIDE'S KICK!は、UFC、K-1、メジャーファイターを指導するヒデ三好が主催する「トータルワークアウトジム」です。格闘技を始めたい初心者から選手を目指す上級者まで幅広く生徒を募集しています。

代表 HIDE三好

1975年9月20日生まれ
乙女座 A型(笑)172cm 71kg
レスリング■全国高校選抜大会ベスト8、国体出場
プロキックボクシング■2戦2勝(1KO)
資格■トレーナー、栄養士


K-1の小比類巻貴之、堀啓、ZSTの所英男ほか、格闘技選手のトレーナーを務め、2004年には、プロ修斗のタクミ(パラエストラ大阪)をKOTCライト級チャンピオンに育て、ストラッサー起一の第5代HEAT総合ルールウェルター級王座決定戦の勝利にも貢献した。 プロレスリングNOAH所属のプロレスラー、谷口周平は中学校と高等学校の後輩にあたる。 主催する道場HIDE'S KICK!にはバンタム級キング・オブ・パンクラシスト石渡伸太郎、第4代修斗バンタム級王者神酒龍一、UFCファイター佐々木憂流迦、元修斗世界ライト級王者日沖発等、現役格闘家も出稽古に訪れる。 その他、政界や芸能界まで幅広く指導。

人生を楽しむための身体をつくる


人生の質というものを考えたとき、何歳になっても若々しくいられるということは重要なポイントだと思います。
例えばお金と時間に余裕ができても、そのときに身体が思うように動かなかったら幸せとは言えないし、 子供や孫ができたとき、体力がなくて一緒に遊ぶことができなかったら、楽しくないでしょう。
もちろん、筋力アップして身体をつくったり、ダイエットして健康な美しさをたもったりということは他のスポーツでもできますが、それを楽しく続けられるのが格闘技です。
ストレス解消しながらできるのも、続けられる秘訣でしょうね。
ダイエットに関して言うと、続けられるからリバウンドがおきにくい。痩せますし、その状態を持続させることができます。

人としての強さを身につける場として


生徒の親御さんから、よく「格闘技を始めてから、挨拶ができようになり、 リーダーシップがとれるようになった」と言われます。
運動神経がよくなって、いじめられなくなることもあるようです。
挨拶に関しては、厳しく言っています。最初は強制かもしれませんが、きちんと挨拶すると 相手が喜んでくれて、 受け入れてもらえるということがわかると、本当に身についていくのだと思います。それは子供も大人も同じですね。
また、ゲームのように一方的に相手を倒すのではなく、道場では「倒される覚悟」もいる。
相手としっかり向き合う勇気が必要になるのです。
それに、殴られたときの痛みや、殴るときの加減がわかるようになるから、相手を思いやる心や、自分を抑える力も育っていく。それが人としての強さにつながっていくように思います。

深くつきあえる仲間をつくる


格闘技は、他の多くのスポーツとは違い、相手と肌と肌が触れ合う競技。
触れ合うことで仲がよくなり、 深くつきあうことができます。
練習はとてもハードですが、一緒に苦しい思いをしていると不思議な信頼関係ができて、友だちになりやすい。
練習のないときに、生徒たちだけで連絡を取り合って遊びに行くこともあるようです。
僕も一緒に楽しみたいので、 道場の仲間とは、先生と生徒ではあるけれど、 人と人という関係でありたい、より近くにいたいと思っています。
みんなもそれをわかってくれていて、気軽に声をかけてくれます。
冗談を言って笑いながら、楽しみならがら真剣にできる道場です。
また、普通だったら出会えない、いろんな職種の人に会えることも、こういう道場のおもしろいところ。
芸能人や政治家、社長、あるいはフリーターがいたり、ホストがいたり。
人と会えて、 またそれをつなげられるのは楽しいですね。